1. HOME
  2. ブログ
  3. 難しい専門用語を使わないで説明するこだま相続センターの紹介

難しい専門用語を使わないで説明するこだま相続センターの紹介

はじめに

こだま相続センターでは専門用語を使用しない相続や遺言講座を行っています。相続に関して円滑に物事を進めていくためのアドバイスを行っていきます。

遺言とは

遺言とは被相続人の最後の想いを伝える手紙です。亡くなるときに残される人に対して生前に言い残す言葉や文章のことをいいます。遺言は書面でも口頭でも構いません。録音テープでも遺言になります。

遺言書は亡くなった後の財産の処分をどうしていくかを伝える文章です。自分の世話をしてくれた長女に財産の半分を渡してほしいなどのお願いごとを書いていきます。

遺言は15歳以上の方が書くと法的な効力を持ちます。ただそれが有効になるかは法的にしっかりと書類が作成されているかが重要になります。

相続人がいない・内縁の夫婦に資産を渡したい・財産を平等に渡したくない・相続財産に不動産があるなどの方は遺言書を作成しておくことをお勧めします。

任意後見制度

任意後見制度は認知症などで判断力が十分でなくなったときに自分の信頼できる方に財産の管理や契約の手続きを依頼するということです。

後見人に特別な資格は必要ありません。親族の方でも構いませんし信頼できる他人の方でも問題ありません。そのような手続きが必要になった時に任意後見監督人にチェックをしてもらいながら代理で手続きを行うこともできます。

任意後見契約は公正証書を使って行います。公証人が作成する文書で法的な拘束力があります。ただ任意後見人は取り消しをする権利がない・死後の事務処理や財産管理は手続きの対象外になる・開始するタイミングが難しいなどの難点もあります。

事務委任契約とは

事務委任契約とはあなたの死後に発生する葬儀や埋葬などの事務内容を特定の方に代理してもらう委任契約です。葬儀の方法を具体的に指示をする・散骨などを埋葬の方式に指定したり実際に葬送を行うことになる人々との話し合いや準備をしておくことが重要になります。

家賃・地代・管理費の支払い、敷金や保証金の支払い、老人ホームの施設利用料の支払い、通夜・告別式・埋葬・納骨・供養方式、相続財産管理人の専任申し立て事項、貸借建物明け渡し、行政官庁等への諸届けなどを事務委任契約では指示することができます。

円滑な生前対策

生前に相続対策を行うことはとても重要です。早めに対策を行うことで減税などの対策を行うことができます。円満な相続を行いたい・自分の思い通りに相続財産を分けてほしいなどの方が多いです。

被相続人が亡くなるという悲しい出来事の他に相続人同士の財産のもめごとがあったらすごく悲しいです。こだま相続センターでは親族の方と円満に相続手続きができるような体制をサポートしていきます。

相続手続

こだま相続センターでの相続手続きは以下のような流れで行っていきます。

まず家系図から相続人の確定を行います。複雑な家族の場合は思わぬ相続人が出てくることもあります。

次に相続財産の確定を行っていきます。銀行預金・土地や建物などの不動産・自動車などの動産・株式などの有価証券などの財産総額を算出します。またプラス財産だけでなくマイナス財産の算定も行います。マイナス財産が多い場合は相続の放棄もできます。ただ相続財産はプラスマイナスを含めて相続をするかしないかを決めなければなりません。

次に遺産分割協議を行います。相続人の確定で決定した相続人の全員で相続財産をどのように分けていくかを考えていきます。遺産分割協議で具体的に遺産分割の内容が決定したら遺産分割協議書を作成していきます。最後に相続財産の名義変更と被相続人の所得の確定申告を行います。

相続が起こると何から手を付けていいのかが分からなくなります。手続きにはどのようなものが必要なのか・どのような手続きを進めればよいのかで悩みます。後々でトラブルにならないようにしっかいとサポートしていきます。

会社情報

一般社団法人こだま相続センターの本社の所在地は北海道函館市富岡町2-45-7にあります。五稜郭駅から車で10分程度のところにあります。函館市街からだと車で20分から30分程度です。

セミナーなどの講演依頼・無料相談・最新のセミナー情報などを公開しています。専門用語を使わない相続・遺言講座は市民にも好評を受けています。

参考資料
こだま相続センター:https://www.echo-hoken.com/kodama/

関連記事