1. HOME
  2. ブログ
  3. 相続終了後もフォローを続ける札幌にこやか遺言相談室の紹介

相続終了後もフォローを続ける札幌にこやか遺言相談室の紹介

はじめに

札幌にこやか遺言相続相談室では単なる手続きをするだけでは終わりません。名義変更による対策・誰の名義かによってもリスクが出てきます。相続税や不動産譲渡所得税などについても問題が出てきます。司法書士としての専門家の観点から適切な助言をしていきます。

相続の基礎知識

相続は人が亡くなった時点から発生します。承継する方が承継人・死亡した方が被承継人といいます。遺言などがなければ法定相続分による財産分与を行います。法定相続が絶対のものではなく遺産分割の効力は相続時まで遡ります。遺言は死者の意志を伝えるためのもので遺産分割をしていく上で大きな意味を持ってきます。

法定相続分はまず配偶者が半分・残りの半分を子供の人数で割ります。もし子どもがいなければ両親・祖父母など上に上がっていきます。さらにこのような方がなくなっている場合も多いのでそのような時は兄弟姉妹に行きます。

生命保険金は遺産分割の対象となりません。また相続財産は必ずしもプラスのモノばかりではなくマイナスの財産もあります。また被相続人のプラス財産だけを受け継ぐことはできません。プラス財産とマイナス財産を総合して引き継ぐか・引き継がないかを決定していく必要があります。被相続人は借金が多いので相続財産を引き継がないという選択もできます。

相続財産の協議は相続開始後に効力を持ちます。被相続人の生前の時点での遺産分割協議の決定事項は無効になります。相続人同士で関係の良くない方がいる・お金の厳しい方がいるなどの場合にはこの点で注意が必要です。

遺言の種類

遺言には大きく分けて自筆証書遺言と公正証書遺言とがあります。自筆証書遺言は自分で書くことができるのでお金はかかりません。ただ書式が一つでも要件から外れると効力を持たなくなります。公正証書遺言は公証人に依頼を頼むので依頼料がかかります。ただ公証人が書きますので間違いはなく効力はほぼ100%になります。

相談

札幌にこやか遺言相続相談室では相続の相談を出張・訪問形式で行っています。初回の相談は無料です。また近郊の札幌市・北広島市・江別市・恵庭市・千歳市・小樽市・石狩市・当別町・新篠津村に在住している方に関しては出張料をいただきません。その他の地域になると出張料をいただくこともあります。

会社情報

札幌にこやか遺言相続相談室を行っているすずな司法書士行政書士事務所の本部の所在地は北海道北広島市西の里北4丁目6番地5にあります。千歳線上野幌駅から車で数分程度のところにあります。住宅街にありますので見つけにくいかもしれません。ただ基本的には専門家の方が訪問をしますので問題はありません。

相続を含めた法律問題の相談に乗っていきます。札幌東部・北広島西部地域は司法書士があまりいません。お客様の悩み相談に真剣に乗れる体制作りを行っています。

参考資料
札幌にこやか遺言相続相談室:http://nikoyaka-sozoku.com/category/sozoku-no-kisotisiki/

関連記事