1. HOME
  2. ブログ
  3. 家族信託を専門とする札幌大通家族信託センターの紹介

家族信託を専門とする札幌大通家族信託センターの紹介

はじめに

相続対策や認知症の対策として有効なのが家族信託です。高齢になって認知症や脳の病気などになってしまうと自分で預金を管理したり不動産を売却するなどの処分ができなくなります。

家族信託では自分の財産をいつ・誰に・どのような目的で・どのように管理してもらうかが・どのように渡すかなどを認知症になる前の状態の時に行うことが重要です。その財産管理をする権限を信頼できる相手に移して、将来その契約を確実に実行してもらうことを取り決めていきます。自身の財産を信頼できる若い方に信じて託しましょうという意味で考えると良いかもしれません。

そのようなケースになってしまった時は、多くの場合で本人が可愛がった・お世話になった息子・娘・甥・姪などの親族の方がなる場合が多いです。

家族信託とは

家族信託は相続対策や認知症対策さらには会社経営者の事業承継などで最も有効と思われる財産管理方法になります。投資信託という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。ただ投資信託と家族信託は意味が異なります。投資信託は自分の財産を金融機関などのプロの方に任せること・家族信託は同じく自分の財産を信託の目的に従って年下の親族などの信頼できる方に管理を任せることをいいます。

家族信託には委託者・受託者・受益者などの言葉が出てきます。委託者は財産を持っている高齢者で自分の財産の管理を任せる方・受託者は委託者から任された財産管理を行う方・受益者は委託者の財産管理で利益を得る方です。委託者と受益者、受託者と受益者が同一人物になることは間々あります。

家族信託と認知症

親などの親族の方が認知症になってしまうと家族信託の契約を行うことはできません。よって本人が財産の管理や処分をできないことになります。オレオレ詐欺のように財産に集ってくる者を排除するという趣旨でこのような契約を認知症の方が行えないようにしています。特に財産を多く持っている方が認知症になってしまうと特に大きな問題になります。

財産管理ができなくなるので、遺言や遺贈などの法律行為を行うこともできません。当然ながら家族信託を行うこともできなくなります。

成年後見と家族信託

成年後見も家族信託も認知症の方の財産を管理していくという方向性では同じような方向性になります。ただ家族信託は成年後見と比較してもより柔軟で長期にわたっての本人の意向の実現を可能にしていく制度ではないかと考えられます。

成年後見では判断能力が低下して財産管理や身の回りのことができなくなるという本人の不安を取り除く制度です。本人の保護を目的としているので相続税対策・贈与・積極的な財産の処分や管理などは原則行うことができません。特に認知症と診断されてしまった後の相続税対策の時に問題になります。

相続税対策として行う生前贈与や不動産の管理さらには売却などができなくなってしまいます。相続税が課税されることは分かっているのに採れる対策が少なくなってしまうところに大きな問題があります。

一方家族信託は委託者が認知症を発症した後でも、受託者を通して行う不動産の管理や建物の売買などの法律行為が有効になるということです。信託の効力が残るということです。この点で成年後見とは大きな違いになります。家族信託が認知症対策に有効名のがこの点を考慮したものだからです。

家族信託は本人の保護というよりも受益者に利益を得させるということが本来の目的になります。そこから巡って本人の保護になればいいという合理的なものです。また家族信託は裁判所の届け出などをうさないということもこの合理的なところの例といえます。

会社情報

札幌大通家族信託センターの本社所在地は札幌市中央区大通西4丁目1番・道銀ビルにあります。地下鉄東西線大通駅すぐ近くです。札幌駅からも徒歩15分から20分ほどのところにあります。札幌の中心地内でアクセスも抜群です。代表は司法書士と行政書士を兼ねています。

相談をしたい方は次のような流れになります。

まずメールや電話などでセンターに連絡をいただきたいです。お客様のためのオーダーメイドの信託方法を作成していきます。
次に現在の問題点や将来に向けての不安を丁寧にアドバイスします。スケジュールなども含めてお客様が不安にならないようなスキームを紹介します。
次にその案に納得をいただいた時点で契約になります。
次に家族信託の手続きを行います。家族信託は時間を有します。手続きの完了までにだいたい数か月程度の時間を有します。
手続きの完了後も不安な点が多く出てくると思われますのでアフターサービスをしっかりとしていきます。引き続き相談に乗っていきます。

このようなきめ細かい相談ができるのが地方の人間関係を重視した良さといえそうです。

親の認知症などで悩んでいる方は一度相談してみても良いのかなという気がします。

参考資料
札幌大通家族信託センター:https://sapporo-kazokushintaku.com/

関連記事