1. HOME
  2. ブログ
  3. ワンストップサービスの札幌相続サポートオフィスの紹介

ワンストップサービスの札幌相続サポートオフィスの紹介

はじめに

札幌相続サポートオフィスでは相続・遺言・遺贈のすべてが完結する安全で確実なワンストップサービスとなっています。たらい回しになることはありません。

特徴

札幌相続サポートオフィスの特徴は司法書士・税理士・行政書士の有資格者が在籍をしています。スムーズで一度ですべてのサービスを行うことができます。ワンストップで大半の悩みを解決することができます。

司法書士は会社法に詳しいです。手続きがスムーズに対応することができます。また難しい法律用語をできるだけ使わないようにしていきます。また税理士と行政書士は女性が担当しています。女性ならではの柔らかさと緻密さで相続のことは何もわからないという方の話を丁寧に聞いていきます。

相続とは

相続とは人が死亡することでその死亡した方の財産に属する一切の権利及び義務を引き継ぐことになります。死亡した方を被相続人・引き継ぐ方を相続人といいます。相続は被相続人が死亡した時からスタートします。

相続人は法定相続もしくは遺言で決まることが多いです。法定相続の場合は配偶者が第一相続人です。以下子ども・孫・ひ孫・親・祖父母・兄弟姉妹・甥・姪の順序になります。

遺言書は自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。

自筆証書遺言は自由に書くことができます。ただ変造や偽造などのリスクがあって有効性を持たない場合もあります。

公正証書遺言は証人2名が立ち合いのもとで遺言書を作成します。遺言書の効力は高いものの資金がかかります。

秘密証書遺言は遺言書を書いて記名押印をして封筒に閉じて公証人と証人の確認を受けます。誰も遺言書を見ることができないので有効性を持たない可能性もあります。

相続税とは

相続税は相続や遺贈によって取得した財産及び相続時の精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額のことをいいます。

相続税は被相続人が亡くなることで確定申告の対象になります。原則被相続人の死亡後10か月以内に行うことになります。

相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×相続人の数です。例えば配偶者と子供3名の時は4名が相続人になりますので3000万円+600万円×4=5400万円までが基礎控除額になります。

また遺産分割をする際に被相続人が認知症になってしまって正常な判断ができない時は成年後見制度の利用を考えることになります。本人は行うことができないので専門家の力を借りて公平な相続を行うことができるようにしていきます。

贈与とは

贈与とは当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示、相手方がこれを受諾をすることで効力を発揮します。

個人からの贈与によって財産を取得した場合には受け取った側に贈与税の納税義務が生じます。年間に総額110万円以上の財産を受け取ったものは確定申告で相続税の支払対象になります。

相続の流れ

札幌相続サポートオフィスでの相続の流れは次のようになっています。

まず被相続人の死亡で相続が開始します。

次に死亡後7日以内に死亡届を市町村役場に提出をします。

次に法定相続人の財産や債務の状況を確認します。

次に財産分与になります。遺言書があるかないか。遺言書がない場合は単純承認・限定承認・相続の放棄があります。

次に被相続人の死亡後4か月以内に被相続人の所得税の確定申告をします。

最後に被相続人の死亡後10か月以内に相続税の確定申告を行います。終了後に遺産分割協議を行って財産を分けていきます。

事務所情報

司法書士・税理士・行政書士工藤総合法務事務所の所在地は札幌市白石区東札幌2条6丁目5‐1になります。地下鉄東西線白石駅すぐ近くです。

区域は札幌市白石区・豊平区・南区・清田区など札幌市全域です。

相続手続きサポートや遺言サポートなども行っていきます。

参考資料
札幌相続サポートオフィス:https://support-office-sapporo.com/

関連記事