1. HOME
  2. ブログ
  3. 司法書士法人とまこまい法務事務所の相続相談

司法書士法人とまこまい法務事務所の相続相談

はじめに

司法書士法人とまこまい法務事務所では遺産相続・遺言書などを扱っています。人が亡くなると相続の登記・財産の移転などいろいろなことをしなければなりません。その他にも相続人の間での財産分与など様々なことを行う必要があります。

相続登記とは

相続登記は亡くなった方が不動産を所有していた場合にその名義を変更していきます。相続の登記はいつまでに行わなければならないということはありません。

ただ不動産の名義は早かれ遅かれ変更する必要があります。以下の当てはまりそうな場合は早めに相続登記をされることを勧めます。

1:不動産の売却や不動産を担保にお金を借りたい方
2:被相続人が死亡して5年が経とうとしている
3:相続人の中に高齢者がいる場合
4:相続人の中に借金を抱えている方がいる場合

相続登記の手続きは以下のような手順で行います。

1:まず事務所への予約を行います。
2:次に不動産の情報や相続人の構成などのヒアリングを行います。
3:事務所の方針に納得いただけたら相続手続きを実行していきます。
4:相続登記に必要な相続証明書類の取得をしていきます。また必要書類の作成をしていきます。
5:登記を申請して完了していきます。

遺言書とは

遺言書とは被相続人の想いを形に残していきます。それによって相続人の間で争いを最小限にしていきます。遺言書がないと法定通りに相続が進んでいきます。それで納得の行かない方・この方に遺産を残したいという方は必ず相続を行うようにしていきましょう。

子供や両親がいない夫婦・法定通りに相続をさせたくない・個人事業主や会社経営者・相続人以外に財産を上げたい・相続人の間で不仲になっている・寄付をしたい方・相続人がいない方などの方は遺言書を作成しておくことをお勧めします。

遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。

自筆証書遺言は遺言者がその全文・日付・氏名を自署及び押印して作成します。お金がかからず作成も簡単に済みます。ただ方式の不備で無効になったり内容を改変されてしまう可能性があります。

公正証書遺言は証人2人以上の立会のもと・遺言者が遺言の趣旨を公証人に述べ・公証人が遺言者が述べたことを筆記し・遺言者及び証人に読み聞かせ・遺言者及び証人が筆記の正確なことを承認し・各自これに署名押印・最後に公証人が署名押印するという厳格な手順で行われます。方式の不備による無効の心配がなく内容が改変されることはありません。ただ費用がかかるのと秘密裡で行うことはできません。

秘密証書遺言は遺言者が遺言書に署名押印し・遺言者がその証書を封じて証書に用いた印章をもって封印する・その封印した封書を公証人1人及び証人2人以上の前に提出・自分の遺言であること氏名及び住所の申述・公証人がその証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載し・遺言者及び証人とともに署名押印することで作成されます。遺言の内容を秘密にすることができます。ただ公証人自身も内容を確認できないので方式の不備などによる無効の可能性は残ります。

公正証書遺言の作成の手続きは次のようになります。

1:電話もしくはメールで予約をします。
2:遺言書作成の面談をします。
3:公正証書遺言作成に必要な書類を集めます。またあなたの希望にそった遺言書を作成します。
4:公証役場との調整を行います。
5:公証役場で公証人に公正証書遺言を作成してもらいます。

会社情報

司法書士法人とまこまい法務事務所の本社の所在地は北海道苫小牧市旭町1丁目5番11号にあります。苫小牧駅から海方面に車で5分ほどのところにあります。

地域住民に信頼される・円滑な事業に徹する・創意工夫を行う・お客様の利益を最大限に考える・困っている方の笑顔を見る・個人の尊厳を第一にするなどを経営理念にしていきます。

身近なトラブルを処理していきます。法律知識を利用して泣き寝入りを少なくしていきます。

司法書士もしくは補助者で事務所の協力をしていただける方を募集しています。

参考資料
司法書士法人とまこまい法務事務所:http://hiroshi-office.jp/

関連記事